油画村

世界のアーティストが集まる大芬「油画村」の作家。about

深センの中心部からほど近い大芬「油画村」(Dafen Oil Painting Village)は、8000人のアーティストが
集まった絵画の村。ホテルの受付や部屋などに飾られる複製画の大半がこの大芬で描かれています。
職人が作業する街であるこの街には油絵の具のにおいで満ちている。
近年はオリジナル絵画を中心に年間700億円の売り上げを生み、
新しいアーティストがデビューをしている街です。

 
大芬「油画村」の写真

大芬「油画村」の歴史。

1980年代、黄江という香港の画商が少数の職人と共に、ここに工房を開き、
急成長する香港、深センの各地に向けて複製画を売り始めました。
大芬「油画村」の複製画は世界中にも輸出され、現在も世界の複製画の60%を占めるようになりました。
「複製画の聖地」として注目された大芬も、深センの街の変化につれて別の顔を見せてます。
もちろん今も多くの複製画が描かれていますが、大芬「油画村」の公式サイトによると、
中国の所得が上がった今も、大芬「油画村」の絵画は年100万枚以上「製造」され、売り上げを上げてます。

 
筆を持った像

複製画からオリジナルへ。
マーケットが画家を育てる。

画工と呼ばれる大半のアーティストたちは複製画がメインですが、
オリジナルも描いているアーティストが多いです。
オリジナルの絵で絵画展に3回受賞すると、画家と名乗ることができ、
オリジナルの絵画のほうが高い値がつくようになります。
8000人の絵描きが暮らすこの街で、画家の称号を手に入れたのは300人もいません。
現在の大芬ではこの村で磨いた腕でオリジナルの「売れる絵」を描く画家や画商の活躍も目立ちます。
修行の結果、複製画を描くよりオリジナルを描いた方が高い値段がつくようになった画家は
オリジナルを描いて生活できるようになります。
大芬には絵画スクールも多く存在し、現在絵を描いているアーティストたちのうち
30%は美術学校を卒業した人たちなのです。
大芬「油画村」はビギナーから上級者までさまざまな人の作業する様子を目の前で見ることができ、
どういう絵がいくらで取引されたかの情報が公開され、
たくさんの画廊や画商からフィードバックをいつでも得ることができます。
絵を描くのに必要な画材や画集などの情報、部材がいくらでも手に入るこの村は、
画家になるのに最適な環境でもあるのです。

 
絵画が売られている店舗

PAINTING GIFTと
大芬「油画村」のアーティスト。

PAINTING GIFTは現地まで足を運び、大芬「油画村」中で優秀なアーティストと提携いたしました。
世界のアートが集まる大芬「油画村」のアーティストたちが
写真をもとにあなたのための絵画を描きます。
お客様に納得していただける世界に1つのだけの
オリジナル絵画をお届けいたします。

大芬「油画村」の写真

筆を持った像

絵画が売られている店舗