ペインティング ギフト日記  
PAINTING GIFT DIYARY

2021.04.02

かつての暮らしを絵画へ

この絵は引っ越しの日の写真を油絵にしてもらったものです。

この子達はわたしが大学生のときに学校に迷い込んできたので預かることになりました。

子供の頃から野良犬や野良猫を拾ってしまうくせがあり、またやってしまったと少しの後悔がありましたが

この子たちとの生活のおかげで、いろんな方が遊びに来てくれて部屋はいつも賑やか。

人見知りだったわたしにとって、この子達は家族のような存在で、4年間楽しい学生生活がおくれました。

学校のちかくで古い借家にくらしていたおかげで大家さんにもご理解していただきました。

風呂なし汲取式トイレ・・・女子が住むにはなかなかのハードルでしたが、ゆっくりとこの子たちとの時間をすごしました。

楽しかった学校も卒業し就職、そして街中への引っ越し。わたしにとってもこの子達にとっても目まぐるしく環境がかわることになります。

環境になれるまでは大変だったと思いますが、いまとなっては懐かしい思い出です。

若かったあの頃の大切な日常の思い出を形にのこせてよかったです。

 

思い出も時間も絵画に「俺も描いてもらいたい」

どこに行っても ここにある俺は今この絵を見て分かる通り、ど田舎の中のど...
 

家族の思い出を詰め込んで

石川県金沢市にある金沢21世紀美術館での写真を絵画にしてもらいました。...
 

始まりの日を贈る

「やっとだよ、ようやく来週オープンするんだ」 電話で友人の嬉しそうな声...
 

変わらない笑顔と絆

いつ見てもいい写真だなと思える。 そんな彼女に出会った話をさせてくださ...
 

ウミガメに思いを馳せて

私が幼いときから両親は共働きで、夏休みになるとよく母に祖母の家へ連れて...
 

かつての暮らしを絵画へ

この絵は引っ越しの日の写真を油絵にしてもらったものです。 この子達はわ...