ペインティング ギフト日記  
PAINTING GIFT DIYARY

2021.06.12

思い出も時間も絵画に「俺も描いてもらいたい」

どこに行っても ここにある俺は今この絵を見て分かる通り、ど田舎の中のど田舎に住んでる。

高校生3年生で来年の春には、東京で働く。

なんでかというと、今住んでる場所がど田舎すぎるからだ。

もう18年間ここにすみ続けてきて、何百回もみた近所のローソン、毎朝玄関を掃除している隣のおっちゃん、近くのラーメン屋まで、30分かかる自宅にはもうもう飽き飽きだ。

バスだって最寄りの駅だって、どう考えても最寄りの駅とは言えない距離だし、車持ってない人は、ケッタに乗って移動しかない。

今のご時世ここまで田舎なのも珍しいけど、それに伴い年寄りが多い。

俺が小さい時は、周りは大人だらけだったのに、大人に近づくにつれ、じいちゃんばあちゃんが増えて行ったのは、あまり人が入れ替わってないんだろうな。

段々若い奴がいなくなっていくんだろうなぁと感じる。

それで東京に行くもう一つの理由は、クラスのマドンナ芳子ちゃんが東京に行くって聞いたからだ。

なにせ東京のモデル事務所にスカウトされたんだって。流石芳子ちゃん。 そんな子ともしかしたら、、、、を考えて同じ東京のイベント会社に就職する(予定)

 

思い出も時間も絵画に「東京に持っていきたい。」

そんな話は一旦置いといて、俺の地元には何もない中で、唯一あるものは連れだ。

地元には小学校から高校まで変わらないメンツで過ごしてきて、時間で言うところの13年くらい一緒にバカやってきた。

この辺で遊ぶのだって、映画館やレジャースポットがあるわけでもなく、ただコンビニにたむろったり、川遊びや、ここのブログじゃあ言えないことだってしてきた。

今でも鮮明に覚えているのが、夏の夜の学校に忍び込んで、プールに入ったり、校舎でケイドロしたりしたのがバレて、先生に夜中追いかけ回されたことが鮮明に覚えている。

俺にとって地元の連れはもう一つの家族の様な存在だ。

そんな連れたちと、高校卒業後、別々の道を行く。

大学に入るやつや、地元で就職するやつ、東京に働きに行くやつだっている。

みんなと離れ離れになるのは少し寂しいけど、一足先に東京デビューしてくるな。とか言ってみたり。

本当はいつまでもバカやってたいんだけどな。。

もうすぐ卒業が近くなってきた頃、親父は、地元が一望できる写真を絵にしてリビングに飾ってある。

親父がなんでこの絵なのか、もっといい景色があるだろ、、と聞いてみると、「この絵には、思い出も時間もつまっててな、何気ないあの日の日常をずーーと忘れたくないんだよ。」と答えた。

親父もこの地元出身で、ここで長い間育ってきた。

この場所だからこそ、感じられるものがずっと親父にはあるんだと思った。

俺ここで過ごした思い出を忘れたくない。そう思った。

「親父。俺も描いてもらいたい。東京に持っていきたい。」と言うと親父は、携帯を片手に、このサイトを教えてくれた。

 

思い出も時間も絵画に「俺も描いてもらいたい」

どこに行っても ここにある俺は今この絵を見て分かる通り、ど田舎の中のど...
 

家族の思い出を詰め込んで

石川県金沢市にある金沢21世紀美術館での写真を絵画にしてもらいました。...
 

始まりの日を贈る

「やっとだよ、ようやく来週オープンするんだ」 電話で友人の嬉しそうな声...
 

変わらない笑顔と絆

いつ見てもいい写真だなと思える。 そんな彼女に出会った話をさせてくださ...
 

ウミガメに思いを馳せて

私が幼いときから両親は共働きで、夏休みになるとよく母に祖母の家へ連れて...
 

かつての暮らしを絵画へ

この絵は引っ越しの日の写真を油絵にしてもらったものです。 この子達はわ...